文字は読むため、文は伝えるため。

コンピュータには、もっと楽に入力できるはず。コンピュータからの出力は、もっと快適に受けとれるはず。

よだか配列、こまどり配列をNicola、JISかな、ローマ字入力、新下駄配列と比較する

はじめに 日本語入力に使われる配列のうち、一番使われているローマ字配列、その改良版として有名なAZIK、自作のこまどり配列、かな配列として有名なJISかな配列とNicola(親指シフト)配列、配置の練られた文字キー同時打鍵系配列として評価が高い新下駄配…

Paperlikeメモ

PaperlikeがIndigogoに登録されて、日本でも少し注目を集めているようなので、使用時の注意を少しメモしてみます。 一応、持ち歩ける 持ち歩こうと思えば結構かばんに入りますし、付属のポータブルスタンドも小さいので、机の大きいスターバックスなどで使う…

よだか配列を公開しました

50音の行(あかさたなはまやらわ)を示すキーと段(あいうえお)を示すキーを同時押しすることによってかな文字を入力する日本語かな配列「よだか配列」を公開しました。github.comDvorakJとKarabiner用の設定ファイルを準備したので、WindowsでもMacでも…

ローマ字入力、AZIKや行段系配列に少しだけ漢直を足す実例

(この記事は 漢直 Advent Calendar 2015の13日目の記事です。) シフトを使わない例 日本語入力ソフトによっては、ローマ字テーブルを変更することで、ローマ字の組み合わせに任意の漢字や文字列を登録することができます*1。つまり、ローマ字入力では使わ…

Paperlike電子ペーパーディスプレイ レビュー:エディタ編

前回に引き続き、電子ペーパーをディスプレイにしちゃったPaperlikeをレビューします。今回はテキストエディタ編。閲覧ではなく作業に使う場合は、画質よりも動作速度が問題なので、動画で紹介します。800x600のA5(擬似5階調), A2(2階調)モードと、1600x…

Paperlike電子ペーパーディスプレイ レビュー:電子書籍編

ごく一部で大注目を集めている中国Dasung社製の電子ペーパーディスプレイ「Paperlike」を同社から購入した*1のでレビューします。 概要 Paperlikeは13.3型のEink社製電子ペーパーを採用したコンピューター用ディスプレイで、Micro USB接続で動作します。電子…

FE聖戦の系譜型の恋愛システムに同性婚を実装できるか

ファイアーエムブレム(FE)の最新作「ファイアーエムブレムif」が6月25日に発売された際、同作では主人公が特定のユニットと同性婚ができるとの発表があり、話題を呼びました。それに対する反応の中で、 ファイアーエムブレムの恋愛システムは、次世代の子…

いろんな数字をローマ字変換テーブルに仕込んでビシバシ打とう。

丸数字をローマ字変換テーブルに登録して,変換せずに打とう 普通、丸数字(①,②,③,…)や漢数字(一、二、三、…)、ローマ数字(Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,…)を入力するときは、キーボード上段から数字を打ち込み、スペースバーを押して変換するかと思います。しかし、数…

ツルコズと合わせるための日本語長体フォントまとめ

長体,つまり文字が正方形ではなく縦長の長方形に収まるように作られている日本語用のフォントを(主にツルコズと合わせるために)まとめてみます。 長体かなフォント ツルコズ まずは,私の圧倒的お気に入りフォント「ツルコズ」から。ツルコズは,カタカナ…

機動戦士ガンダムはベクデルテストをクリアしているか (2)

間が空きましたが、第19話まで見たので、途中報告。まず、第6話〜第12話にはベクデルテストをクリアするシーンはありません。 第13話 「再会、母よ…」 第13話には、セイラとミライが浜辺で水着を着て寝そべり、会話するシーンがあります。 セイラ「…

機動戦士ガンダムはベクデルテストをクリアしているか

ふたり以上の名前のついた女性が登場するか 女性同士が直接会話をするか その会話の内容が男性以外のことであるか バカバカしいことに、日本のアニメはほとんどこれをクリアしている。 http://d.hatena.ne.jp/KoshianX/20140617/1403019121 KoshianXさんの議…

ディスプレイは机に直置きしよう

大きいディスプレイが買いやすくなった 最近は大きなディスプレイもそれなりに安い値段で買えるようになりました。ディスプレイのスタンドも、縦回転(ピボット)できるものが増えており、縦配置でディスプレイを使うのも簡単になりました*1。しかし、大きな…

スペースバーにシフトキーを兼用させよう

シフトキーは使いにくい キーボードを使って英語の文書を打つときにはシフト(Shift)キーをよく使うことになります。冒頭の単語や固有名詞の頭文字、略語などで大文字を入力するときや、記号を入力するときにシフトキーを押さえる必要があるからです*1。し…